SILVERの日記

ミリオンダラー・ベイビー

女性ボクサーのサクセスストーリーかと思って観たミリオンダラー・ベイビーですが後半から話が急展開、重ーいテーマを秘めた作品だと知りました。

選手の育成の才能に長けた老トレーナーのフランキーは31歳まで我流のボクシングをしてきたマギーにトレーナーになってほしいと頼まれます。
女性のトレーナーにはならないと彼女を突っぱねていたフランキーですが、マギーの志の強さとジムで雑務の仕事をしているかつてのボクサー、エディの言葉によりマギーのトレーニングを始めます。
フランキーの教えることはボクシングの基礎と“自分を守ること”。どこまでもフランキーについていくと決めたマギーはフランキーの教えに従い、また、マギーの向上心に賭けてみようと決めたフランキーはタイトルをかけた試合にマギーを出場させます。
しかしその試合で悲劇が起こります・・・。
軽々しくこんなことを言ってはいけないのかもしれないけどマギーの言い分も分かります。マギーの精神の尊厳やプライドなんかを思うとフランキーの取った選択も分からなくはないけど、結局最後にフランキーは“自分を守ること”を自分自身にも貫いたような感じがしてすっきりしない終わり方でした。
でもヒラリー・スワンクの気合の入った演技は圧巻で、モーガン・フリーマンの語りもよかったです(ショーシャンクを彷彿させられたけど^^)。
ヒラリー・スワンクはやっぱりこの映画のために肉体改造とかしたんでしょうか。脚の筋肉とかアスリートって感じだったし。
ボクシング通な人ならきっと楽しめた部分も大いにあるんでしょうね。
止血技があるなんて初めて知ったしトレーナーやセコンドやマネージャーやボクシングについて無知な私にはその立場の意味がよくわかってないのできっとついていってない部分はあったんだろうなぁと思います。
カメラワークがすごく良い映画だと思いました。ベガスでのタイトルマッチ、観てて力が入りました。
それにしてもマギーの家族はサイテーだ。
モーガン・フリーマンがクリント・イーストウッドより存在感があったなぁ。助演男優賞も納得。
フランキーと娘の関係がいまいちよくわからずじまいだったのが残念です。
1980円で借り放題のDVDレンタル!動画を楽しむならDMM!
   ハローキティカード
宜しければ↓1票を1日1回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください