ギター&機材

Marshall JCM2000 真空管 純正バルブ

Marshall JCM2000の純正バルブ64番が入手できました。
DSL100のプリ管企画は結構やっていますが、ヤマハさんのアドバイスでは交換では64番を4本という事でしたので、3本入手です。
ちなみに、おいらのDSL100は新品で購入時期は2006年4月です。使用度も少ないので、プリ管3本を注文しました。交換手順と新品購入時に付いている管でのお話になります。交換手順は下記を参照して下さい。

お値段1本!3000円です。高いっす!純正なので安心感はありますが。。。
パネルを外すと・・・

真空管が登場です。左に金属カバーがされています。初段です。
プリ管達

プリ管を見てください。00064が1本、00055が3本!
この55番を64番に変更しようと思っています。まだ、付けてないのでどう変わるのか楽しみです。
サウンドハウス
MARSHALL DSL100
サウンドハウス
MARSHALL DSL50
Marshall 1960A
サウンドハウス
宜しければ↓1票を1日1回


サウンド的には、純正のバルブが一番いい音がしました。
64番はヤマハさんがJCM2000の交換用として、選んで(マーシャルとの相談)で選ばれたそうです。
純正は現在、チャイナ製造で、マーシャルにて選抜られた物なので、3000円と言うお値段みたいです。
エレハモみたいな感じかな?
ヤマハさんでは、55番は扱っていないそうです。おいらは今度、オール55番で試してみたいです。
なので、55番1本!誰かプレゼントして下さい。
DSL100はアッテネーターは当てない方が良いみたいです。音がやはり変わったり細くなるので、1959HWなんかにはよいみたいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください