ギター&機材, EMG

EDWARDS E-FR-120GTのEMG エスカッション

EDWARDS E-FR-120GTのEMG搭載時のエスカッション問題が無事解決できましたので、
時間がある時に再度チャレンジします。

標準のエスカッションは横の長さは良いのですが、縦の長さが1ミリの差で、
確認出来る範囲ではパッシブのHZが発売以降EMG本体のサイズが変わっています。
2005年以前のは多分普通に搭載出来ると思います。過去の実験上。
プラ製エスカッションの場合、縦の長さが39ミリないと駄目です。
ESPの金属プレートに変えるか、39ミリのプラエスカッションか、HZ発売以前のEMG 81 85 89を入手すれば問題ないです。
偶々、僕のフォレストのエスカッションだけなのかは分かりませんが。参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください