ギター&機材

PEAVEY 5150 PEAVEY 6505 SLANT

PEAVEY 5150のキャビネットをMarshall1936キャビから、
PEAVEY 6505 SLANTに変更!Marshall1936でも音的には良かったのだけど、
高音域が出にくい感じなので変更!5150本来の音がやっと出てる。
5150のキャビは現在売っていないので、6505のをチョイス!!!
全体的に澄んだ良い音で満足(#^.^#)
元々Marshall1936キャビはAVT50とJCM900の為に使っていたのだけど、(JCM900は売却しました。)

5150を手に入れてからピックアップがEMGが多くなって、
パッシブで鳴らすと???って感じなので!
ネットサーフィン中に5150を使っていて1922のウーハーを5150用に変えた人を発見しました。
Edwards E-FR-120GTで鳴らしても嫌な低音がなくなりました。
Marshall1936キャビはオークションにでも出すか???

意外と爆音ではなくて5150のCOMBOの方が爆音だった!
コントロールオール5くらいでミドルだけ0にするとマーシャル1936キャビで鳴らしてたようなドンシャリ具合になるので中音域がコントロールしやすくなったってことかな?
やっぱりCOMBOとは違うなぁ。
サウンドハウス


去年の11月頃、5150と1936キャビで撮った音があったよ!
クリーンも確か5150、AVT50を微かに入れたような・・・
遊びの世界( ・∀・)イイ!
サンプル1クリック
近々HIにぶち込んだサンプルアップするだぁ?。
現在は、6505 SLANTは使っていないので、1936キャビでゴ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください