JCM2000に続き、PEAVEY 5150もプリ管でサウンド変更できるか!
いつもは、PEAVEY/super7preamptubeを5本なのですが、JCM2000にSovtekの12AX7WBを4本用意したのでついでに。。。
PEAVEY 5150ってパール時代、音屋さん時代、PEAVEY 6505には現在、何が使われているのでしょうか?コメントにて教えて頂けると嬉しい。。。まぁ実験開始。
Sovtek 12AX7WA

これを使いました。フェンダーブルースJr.についてたプリ管です。
Sovtek 12AX7WAと書いてあります。
これを、5150の初段に、12AX7WBを残り4本、12AX7EHを初段、12AX7WBを4本。リズムチャンネル目盛り5での設定と、リードはゲイン7での設定。
前者は、クリーントーンがかなり作りやすくなり、コンプ感も強く感じました。リードでは、低域も出て高域も出ていて結構いいんじゃな!っておもいました。後者は、クリーントーンでも歪みがあり、音量も少し増します。音色も中音域が出てくる感じです。リードでも、歪み感は強くハイゲインを求める方には良いかも。
と言う結果ですので、おいらのPEAVEY 5150は前者にしてあります。結構気に入りました。
サウンドハウスで手に入らない真空管はここがお奨めです。送料は高いですが!20?30$(^_^;) Sovtek 12AX7LPSおいらのPEAVEY 5150に最初から付いていたプリ管も手に入りますよ!
プリ管5本(PEAVEY/super7preamptube)

5150のプリ部

1050円なのでお買い得
サウンドハウス
PEAVEY /super7preamptube
740円なのでお買い得
サウンドハウス
SOVTEK 12AX7WB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です