Marshall JCM2000 DSL100をちょっと解析!分析?
買った当初からパネルを外して真空管を見ていた所、MarshallのECC83の純正バルブが載っているは当たり前だが、ちょっと気になっている部分があるので紹介します。ここは必見かも!!!
Marshall JCM2000 DSL100

パネルを外すと・・・

真空管が登場です。左に金属カバーがされています。実はここからが面白い所なのです。
プリ管達

プリ管を見てください。00064が1本、00055が3本!
これは、Marshall純正のホワイトなのか、それともゴールドなのか!
早速、ヤマハ(Marshallの日本代理店)さんに聞きました!
最近のDSLは、この画像のようなバルブを純正で使っているそうです。
64番55番
当初は、ホワイトバルブだったそうです。現在はMarshall純正バルブを買う際は、ホワイト、ゴールドではなく、番号で買うそうです。楽器屋さんでは、JCM2000用と言えば良いそうです。
ですが、ヤマハさんでは64番を4本をプリ管としてDSLに使って下さい。と言う回答を頂けました。
プリ管で音を変える際は、基本的にECC83、12AX7なら問題なし!なのですが、
気になる事は、クリーントーンなのです。JCM2000は、クリーントーンが凄く綺麗で艶があるので、
これも、ヤマハさんに聞くと、プリ管で音色を変えるとクリーンも変わる可能性はあるので、
それが気になる方は、64番で!っと親切に教えてくれました。
Marshallのいい所は、サポートをしっかりしてくれる代理店さんがあるのでお奨めです!
ゲインアップとしてプリ管をいじるなら、金属カバーの初段の部分だけ、SOVTEK12AX7WBエレハモ12AX7EHにしようと思います。エレハモは実は実験済みです。多少弾きやすくなると思います。ニュアンスを求める方は、SOVTEK12AX7LPSがいいかも。12AX7WA12AX7LPSは、ゲインは同じみたいです。
1050円なのでお買い得
サウンドハウス
PEAVEY /super7preamptube
740円なのでお買い得
サウンドハウス
SOVTEK 12AX7WB
おまけ

最後にチェックをした人の名前が貼ってあるんです。ヤマハさん曰く!
ジム・マーシャルって貼ってあるのも存在すると。。。レアですね!
Marshallのアンプに共通するのは、フレットミスもピッキングニュアンスも全部弾く人の全てがアンプから出てくるので、練習から本番までテクニックを磨くには、本当に良いアンプです。
サウンドハウス
MARSHALL DSL100
サウンドハウス
MARSHALL DSL50
Marshall 1960A
サウンドハウス
宜しければ↓1票を1日1回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です